TEDDY BEAR FAMILY

joetsukuma.exblog.jp

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

林泉寺 

春日山のふもとにある上杉謙信公ゆかりの林泉寺に行ってみた。

林泉寺は謙信公のおじいちゃん長尾能景により建立され、謙信公も元服まで学問などを学ぶために預けられ7年を過ごした。謙信公の深い信仰心はここで育まれ、生涯変わることはなかった。

f0355703_00395301.jpg

まず見えてくるのは、惣門とよばれる萱葺きの小さな古い門。これは春日山城の門を移築したものだそうだ。幾度となく補修されているとのことだが、謙信公の生きた時代を見ることのできる貴重な建造物だ。

f0355703_00381928.jpg

次に見えてくるのは、大きな二層の山門。二階のところに「第一義」と書かれた額が。文字は謙信公直筆。ここは絶好の記念写真ポイントです。(チーキー談)

f0355703_00403691.jpg

山門をくぐると手入れの行き届いた中庭があり、正面に本堂、右の白い建物が宝物館です。あれ、、チーキーたちはどこに行った?
謙信公ファン、歴史好きなら宝物館は必見! 謙信公直筆の手紙、焼失した山門(現在の山門は大正に再建された)から運び出したという「第一義」の本物の額や山門にあった四天王像、羅漢像などが見学できます。

f0355703_00414152.jpg

本堂は平成に入って建て替えられました。本堂の左側の山の斜面には墓所があります。そこでは謙信公、父の長尾為景、おじいちゃんの長尾能景の三代のお墓や川中島の戦いでの戦死者の供養塔を見ることができます。

f0355703_00421922.jpg
みんなに林泉寺をどう説明しようかと頭を悩ますチーキーでした。


TBF2014の開催情報は、ここをクリック!

by joetsukuma | 2014-07-19 02:04 | 上越市案内

チーキー、春日山に行く

戦国武将上杉謙信の春日山城に行ってみる。
イオン上越店など商業施設が集中する富岡地区から西へ。上越大橋を渡ってさらに直進。

f0355703_01023784.jpg
正面に見えるのが春日山。山を少し昇るとパーキングがある。
f0355703_01032684.jpg
車を降りて、なぜかポーズをとるチーキー、、後ろには、、
f0355703_01043019.jpg
上杉謙信公! ところで謙信公が活躍した戦国時代のお城には天守閣や石垣などないものが多かった。春日山城は謙信の後継者上杉景勝が会津に移った後に廃城となり、今はわずかにお城の痕跡がうかがえる緑深い小山になっている。
f0355703_01075386.jpg
銅像周辺には、御茶屋、お土産屋とともに春日山神社がある。
上杉謙信公を祀るこの神社は明治34年創建(1901年)。山形県米沢市の上杉神社より分霊された由緒正しい神社だ。

春日山神社の創建に尽力した小川澄晴氏は、日本のアンデルセンこと小川未明さんの父上でした。郷土の英雄と日本児童文学の父がこうして繋がっていたとは。
f0355703_01054411.jpg
神社境内にはこんな石像たちが。謙信&未明が融合した不思議な世界があるのかも?

f0355703_01064353.jpg
春日山は見どころがいっぱいだよ。また紹介するね。じゃあバイバイ!



by joetsukuma | 2014-07-18 02:38 | 上越市案内

小川未明文学館

夜桜で有名な高田公園のお隣にある立派な高田図書館。
f0355703_01321219.jpg
図書館の1階に、小川未明文学館があります。入場無料。
遊びに来たのはCHEEKYとGOLLY BOY!
f0355703_01331107.jpg

小川未明
1882年(明治15)-1961年(昭和36年)

生涯千編以上の童話を発表し、日本のアンデルセンと称される。


上越市出身ということはあまり知られていませんが、代表作の「赤いろうそくと人魚」には上越地方の海岸沿いの風景が強く感じさせます。

f0355703_02075154.jpg
館内には、未明さんの貴重な古い著作本などが常設展示されています。絵本や全集を読んだり、もちろん貸し出しもできます。そしてこんなコーナーも。

f0355703_01364348.jpg
なにしてるのかなあ、、
f0355703_01371985.jpg
文学館特製の〈ヒントブック みめいのつくえ〉に誘われて、未明さんの童話を読んでみたくなりました。
f0355703_01575141.jpg
GOLLY BOYの選んだのは、酒井駒子さんが挿絵を書いた「赤い蝋燭と人魚」
f0355703_01382916.jpg
チーキーが選んだのは、シュールなイラストが愉快な「電信柱と妙な男」

2014年は12月に企画展が開催される予定だそうです。



by joetsukuma | 2014-07-17 02:39 | 上越市案内

くまホイール RONAL URS Teddy Alloy Wheel

f0355703_01152023.jpg
富山市 CANAL PARK HOTEL前交差点


1990年代にテディベアの故郷、ドイツの名門メーカーRONALから発売された5本スポークのアルミホイール。日本での輸入代理店はオートバックス。通称くまホイール。

RONAL URS Teddy Wheel
製造メーカー:RONAL WHEELS
生産国:ドイツ
発売年:1990年代前半
13インチ 5.5J オフセット38 PCD100 4H タイヤ155/65/13
14インチ 6J オフセット38 PCD100 4H タイヤ185/60/14

f0355703_01211710.jpg
車はオレンジのスズキ・スイフト。
くまホイールは、私が2代目オーナーで通算20年もの。かなり傷ができてしまったけど当分は現役!

f0355703_01252090.jpg
おへそのボルトを回すとカバーが外れる。

欧米ではサイズを14×5.5Jに変更して現在も販売中。
顔とパッドが黒くなってりりしくなった。

f0355703_01292854.jpg

by joetsukuma | 2014-07-16 01:42 | くまトリビア

TEDDY BEAR FAMILY in JOETSU 2014 出展者募集のお知らせ

ただいま出展者を募集中です。
自分の作品を多くの来場者に見てもらえる絶好のチャンス!
ワンテーブルをグループで参加することも可能ですので、どうぞふるってご応募ください。

f0355703_01163227.jpg


★出展者募集のお知らせ★

『Teddy Bear Family 2014 in 上越』

2006年から開催しているTeddy Bear Tripが、Teddy Bear Familyとして生まれ変わりました。
テディベアを中心にクラフト雑貨や手芸のイベントであることに変わりはありませんが、より出展者と来場者のつながりを重視したファミリー的なイベントになることを目指しています。

テディベアが大きな話題となった1990年代から、東京、大阪、京都などではさまざまなベアイベントが開催されてきました。
今やテディベアという言葉を知らない人はいない程に知名度は上がりましたが、テディベアの真の魅力や楽しみを知っている人はまだまだ多くはありません。

Teddy Bear Familyは、本格的なテディベアフェアを目指すとともに地域性を大切にしたフレンドリーなイベントとしてテディベアとクラフトの楽しみを広めていきたいと願っています。
規模は決して大きくはありませんが、心から参加してよかった!楽しかった!と言われるよう、参加者一同が気持ちをひとつにして行いたいと思います。

お忙しい時期とは思いますが、皆様のご協力、ご参加をお待ちしています。

タイトル:Teddy Bear Family 2014 in 上越
(テディベアファミリー2014イン上越)

日時:2014年10月11日(土)12日(日)
   11日 午前10時00分~午後8時00分
   12日 午前10時00分~午後5時00分
会場:新潟県上越市富岡3458
   イオン上越店とアコーレ1F セントラルコート
入場無料

出展料:1テーブル 7000円(税込) 共同出展も可能
*販売はテーブルごとに各自清算する。
*搬入、会場設営、撤収は参加者全員で協力して行う。
*DMはがきを製作。支給配布します。

出展申込み、問い合わせ:happysan012@yahoo.co.jp  柴田昌宏
(件名は、TBF2014 でお願いいたします。)



f0355703_01280593.jpg
2011年 いつも賑やかな吉川照美さんブース




by joetsukuma | 2014-07-15 01:36 | TBF 2014