TEDDY BEAR FAMILY

joetsukuma.exblog.jp

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 吉川照美(よしかわてるみ) ROSE BEAR

 上越市のテディベアフェアに出展されてきたテディベア作家を紹介します。

 第3回目は、吉川照美さんです。彼女は上越市本町にあった雑貨店ROSE BEARのオーナー時代、当時はまだ雑貨のひとつでしかなかったテディベアに着目して創作することで、上越にテディベアの種を撒いて根付かせた方です。
 東京進出後、活動はテディベアの枠を超えて世界に飛躍しました。
 現在も日本最高のテディベアアーティストです。

 ROSE BEARの魅力は、ポジティブなエネルギーが溢れていることです。常に前向きにチャレンジして、次はどのように進化していくのか目が離せません。


 ホームページ:ROSE BEAR  www.rosebear-jp.com/


 Q:テディベアを作るきっかけは?
 A:1988年にイギリスのアンティークベアに魅せられてオリジナルのテディベアの制作を始めました。

 Q:作品のポリシー、心がけていることは?
 A:基本ハグできるベアを一針づつ心を込めて縫い上げています。ポイントとして大きな目と口周りのふっくらしたカット。またおなかにはペレットを入れて、抱いた時の重量感と首の座っていない赤ちゃんみたいなぐらぐら感を演出しています。

 Q:2年ぶりの上越でのフェア開催について?
 A:一昨年まで同所で開催してきた『Teddy Bear Trip』は、名称を『Teddy Bear Family』と変更して生まれかわりました。
 これからも上越の皆様をはじめ全国のテディベアファンの方たちに楽しんでいただける様なイベントを続けていきたいと思っています。
 どうぞこれからもテディベア共々よろしくお願いいたします。 



 吉川照美 略歴
 1988年よりオリジナルのテディベアの制作を開始。国内外で評価され、パリのルーヴル装飾美術館にも作品が展示される等、話題性のある作品が多く、スポーツ選手や有名タレントをはじめ皇太子妃雅子様、敬宮愛子内親王様のお手元にも届けられた。
 2012年、世界初の二足歩行するテディベアロボット“いくま”を女性ロボットエンジニア引間奈緒子さんと組んで誕生させた。さらに小型ロボットベア、会話型ロボットベアと日々進化中。
 現在、東京を拠点に幅広く作家活動を展開している。

f0355703_00105851.jpg

2013年日本テディベアコンベンション ROSE BEARブース


 
 それでは、ROSE BEARの名作の数々をどうぞ!

f0355703_00122918.jpg

MIYABI(十二単の雅やかな作品 2009年)
Golden George 2009(ドイツ) Winner

f0355703_00120205.jpg

KABUKI(艶やかな花魁をイメージした作品 2010年)
Golden Teddy Bear Award(アメリカ) Winner 


f0355703_00102151.jpg

BIGベア(体長180cmの自立型テディベア)
記念写真の人気者!

f0355703_00112220.jpg

いくま(世界初!二足歩行するテディベアロボット 2012年)



いかがでしたか。10月11&12日 ぜひROSE BEARの新作ベアたちに会いに来てください。きっといっぱいのエネルギーを感じることができますよ。


☆ 吉川照美さんの受賞歴 ☆
1994年 第2回日本テディベアコンベンション
2部門金賞、特別賞
2003年 East Meets West Teddy Bear Convention
2カテゴリーでブルーリボン賞
2009年 Golden George 2009(ドイツ) Winner
2010年 Golden Teddy Bear Award(アメリカ) Winner
2011年 Golden Goerge 2011(ドイツ) 2作品 Winner
その他多数・・・




by joetsukuma | 2014-06-20 00:36 | アーティスト

 西條法(にしじょうのり) のんたろうベア

 第2回目は、西條法さん。Nontaro Bearというゆかいなブランド名にはある由来が。気になった方はTBF2014で直接聞いてくださいね。
 彼女は上越市がホームタウンのテディベア作家。剣道五段の現役選手で地元の中学校で剣道の指導もされています。そして男子ばかりの三兄弟のママでもあります。こんなに忙しい中でテディベアを作る時間はあるのかと心配になりますが、フェアにはいつも元気なテディベアとハンドメイドの手芸作品をたくさん用意してくれます。

 のんたろうベアの魅力はかわいいのにエネルギーに満ちて生き生きとしているところ。これはもちろん西條家わんぱく三兄弟がイメージになっているから。


 Q:テディベアとの出会い、作るきっかけは?
 A:上越にあったROSE BEARという吉川てるみさんのお店でテディベアに出会い、自分も作ってみたいと思い挑戦してみました。


 Q:作品のポリシー、心がけていることは?
 A:笑っているような表情になるように心がけています。
  タレ目が基本です。
  新しいお家で、いつまでもかわいがってもらえる子を作れるように 心をこめて作製しています。


  

 それでは、のんたろうBEARの代表作たちをどうぞ!

f0355703_00271946.jpg

アポロ(2004年 TITA2004 ノミネート)


f0355703_00275068.jpg

ショコラ(2005年 バレンタイン プレゼント ベア コンテスト 金賞)

f0355703_23224386.jpg
宝物にかこまれて(2005年 Super Skills Show 2005 大阪市長賞)

f0355703_00282374.jpg

龍馬(シンガポール インターナショナル テディベア アワード2011 グランプリアワード)

f0355703_23253915.jpg

うさぎの姉妹(白いカーリーモヘアに少しピンクのペイントを入れて可愛らしく仕上げました。約28cm)
 

いかがでしたか。上越市に住んでいてもなかなか見るチャンスの少ない西條さんのベアたち。10月11&12日はぜひ「のんたろうベア」に会いに来てください。



☆ 西條法さんの主な受賞歴 ☆
2001年 東急テディベアコンテスト シルバープライズ
2002年 ハウステンボス ベスト50
2002年 那須テディベアミュージアム ご当地ベアコンテスト 佳作
2003年 TITA2004 ノミネート
2003年 那須テディベアミュージアム スポートベアコンテスト グランプリ
2005年 バレンタイン プレゼント ベア コンテスト 金賞
2005年 super skills show 2005 ベア部門 大阪市長賞
2011年 シンガポール インターナショナル テディベア アワード グランプリ



by joetsukuma | 2014-06-19 00:52 | アーティスト

 神林宜子(かんばやしたかこ) KAN'S BEAR 

 上越市のテディベアフェアに出展されてきたテディベア作家を紹介します。

 第1回目は、神林宜子さん。Kan's Bearというブランド名で地元柏崎市をベースにテディベアを制作、講師として活躍中。
 三条市で春と冬に開催されるクラフトマーケット「カントリー&クラフトフェスタ」でも欠かせない存在です。日本最大のベアフェア「日本テディベア with Friends コンベンション(東京国際フォーラム)」にも出展されています。

 Kan's Bearの魅力は無垢な子供たちのようなピュアな表情。それとベアを飾る手作りのニットや衣装の作りこみに思わずにっこりさせられます。

 ブログ:KAN'S BEAR ROOM 
 face book:Takako Kanbayasi


 Q:テディベアとの出会い、作るきっかけは?
 A:小さい頃にいつもいっしょだった ツートーンカラーのくまのぬいぐるみにもう一度会いたくて作ったことです。

 Q:作品のポリシー、心がけていることは?
 A:微笑みかけてもらえるテディベアを作りたいと思っています。


 

 それではKan's Bearの新作をどうぞ!

f0355703_22182410.jpg

 ベリーマンベア(異素材を楽しんで作りました)

f0355703_22425431.jpg

テディベアピクニック(ミニチュアのティーセットで遊んでいます)


f0355703_22134976.jpg

夏の思い出(浴衣姿のチビッコたちです)

f0355703_22181033.jpg

太郎冠者ベア(ドナルド・キーンさんがモデルです)

f0355703_22174918.jpg

テディバッグ(背中にファスナーが付いています。いっしょにおでかけ)


いかがでしたか。10月11&12日は ぜひ「KAN'S BEAR」たちに会いに来てください。それからユニークなお手製の小物にも注目ですよ。



☆ 神林宜子さんの主な受賞歴 ☆
2009年日本テディベア協会コンテスト カテゴリーB 金賞
2011年日本テディベア協会コンテスト カテゴリーD 金賞、協会賞
ベリーマンベア コンテスト 銀賞
テディベア エコヴィレッジ賞 etc



by joetsukuma | 2014-06-18 23:12 | アーティスト

TEDDY BEAR FAMILY in JOETSU 2014

はじめまして

このブログは新潟県上越市で開催しているテディベアフェアを紹介するため始めました。
いっしょにテディベアの魅力や楽しみもお伝えできればと思っています。

さて今年は


TEDDY BEAR FAMILY in JOETSU 2014
(テディベア ファミリー イン上越 2014)


開催日:2014年10月11日(土)&12日(日)
会場:新潟県上越市富岡3458
   イオン上越店とアコーレ1F セントラルコート
入場無料


このフェアは新潟県にゆかりのテディベア作家が中心となって、上越市で毎年秋に開催しています。各作家オリジナルのテディベアの展示&販売、1Day制作体験、テディベアの小物や材料の販売などなど。会場中にテディベアがあふれる2日間になります。またカントリークラフト(木工)をはじめ、カントリードール、ニットなど多彩なハンドクラフト作家の出展も計画しています。どうぞご期待ください。

f0355703_01554761.jpg

ただいまテディベアとハンドクラフトの出展者を募集中!
週末の大型商業施設で多くの方に自分の作品を見てもらえるチャンスです。

正式な出展案内は次回以降の予定です。もうしばらくお待ちください。


f0355703_19143336.jpg
私たちの出展ブース(2回目のとき) 折り紙のベアは子供たちにプレゼント!



by joetsukuma | 2014-06-17 02:36 | TBF 2014