TEDDY BEAR FAMILY

joetsukuma.exblog.jp

小川未明文学館

夜桜で有名な高田公園のお隣にある立派な高田図書館。
f0355703_01321219.jpg
図書館の1階に、小川未明文学館があります。入場無料。
遊びに来たのはCHEEKYとGOLLY BOY!
f0355703_01331107.jpg

小川未明
1882年(明治15)-1961年(昭和36年)

生涯千編以上の童話を発表し、日本のアンデルセンと称される。


上越市出身ということはあまり知られていませんが、代表作の「赤いろうそくと人魚」には上越地方の海岸沿いの風景が強く感じさせます。

f0355703_02075154.jpg
館内には、未明さんの貴重な古い著作本などが常設展示されています。絵本や全集を読んだり、もちろん貸し出しもできます。そしてこんなコーナーも。

f0355703_01364348.jpg
なにしてるのかなあ、、
f0355703_01371985.jpg
文学館特製の〈ヒントブック みめいのつくえ〉に誘われて、未明さんの童話を読んでみたくなりました。
f0355703_01575141.jpg
GOLLY BOYの選んだのは、酒井駒子さんが挿絵を書いた「赤い蝋燭と人魚」
f0355703_01382916.jpg
チーキーが選んだのは、シュールなイラストが愉快な「電信柱と妙な男」

2014年は12月に企画展が開催される予定だそうです。



by joetsukuma | 2014-07-17 02:39 | 上越市案内